すっつ浜直市場

北海道・寿都の海の魅力を満載!
鮮魚販売、イートインコーナーも充実!新鮮な魚介類も浜から直送致します。

 寿都漁港お魚カレンダー

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
あんこう
あんこう
1月 2月                 11月 12月
ホテイウオ
ホテイウオ
1月 2月                   12月
カスベ
メガネカスベ
1月 2月 3月                 12月
柳の舞
柳の舞
                       
ほっけ
ほっけ
1月   3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
さくらます
さくらます
    3月 4月 5月 6月            
やりいか
やりいか
    3月 4月 5月              
ほたて
ほたて
                       
こうなご
こうなご
      4月 5月              
するめいか
するめいか
      4月 5月 6月 7月 8月 9月      
かき
かき
      4月 5月 6月            
ぶり
ぶり
        5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月  
ひらめ
ひらめ
    3月 4月 5月 6月     9月 10月 11月  
さけ
さけ
              8月 9月 10月    
にしん
にしん
1月 2月 3月                  
またら
またら
1月 2月                    
そい
そい
    3月 4月 5月 6月       10月 11月 12月
かれい
かれい
                       
ホッコクアカエビ
ホッコクアカエビ
    3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
きたむらさきうに
きたむらさきうに
          6月 7月 8月        
あわび
あわび
        5月 6月 7月 8月   10月 11月 12月
つぶ
つぶ
          6月 7月 8月        
あんこう
あんこう

漁 期:11月から2月
「西のふぐ・東のあんこう」と言われ、冬の味覚の代表格。身は白く淡泊で美味。背骨以外はほとんど棄てる所がない。肝臓が珍味でともあえや唐揚げで食す。

ホテイウオ
ホテイウオ

漁 期:12月から2月
地方名:ごっこ
あんこうに似た肉質でぶよぶよと丸みがあり、ぬめりが強い。腹側には大きな吸盤がある。ごっこ汁と呼ばれる鍋料理になる。

メガネカスベ
メガネカスベ

漁 期:12月から3月
地方名:マカスベ・カスベ
煮付けやにこごりにして食すのが一般的。コリコリとした軟骨の食感と、肌に良いとされるコラーゲンたっぷりのプルプルとした身が美味。

柳の舞
柳の舞

漁 期:ほぼ周年
地方名:だっく、もよ、もい、もんき
肉質は白身で淡泊。煮付け、塩焼、汁物で食すと美味。大型は刺身にもなる。

ほっけ
ほっけ

漁 期:3月から1月
地方名:ロウソクボッケ、ハルボッケ、ネボッケ
北海道のほぼ全域で獲れる。開き干しが有名だが、煮付け、フライも美味。

さくらます
さくらます

漁 期:3月から5月
地方名:ホンマス
河川残留型はヤマメ。脂の乗りが良く、塩焼、フライ、ムニエルにして食すと美味。富山の「ますすし」が有名。

やりいか
やりいか

漁 期:3月から5月
地方名:みずいか、こういか
真いかに比べて身が引き締まり、弾力がある。寿司だね、刺身として利用される。メスは煮付けて卵ごと食す。

ほたて
ほたて

漁 期:ほぼ周年
寿都では昭和45年から本格的な垂下養殖施設にて養殖が始まった。島牧では天然物も水揚げされる。コクのある味わいでいろいろな料理に使用される。

こうなご
こうなご

漁 期:4月から5月
地方名:おおなご、こなご
大きさによって名称が変わり、稚魚はこうなご・ちりめん等、成魚はオオナゴ。コウナゴはしらす干し、釜揚げ、煮干し、佃煮で食す。鮮度の良いものは生食も可。

するめいか
するめいか

漁 期:4月から9月
地方名:まいか
刺身、煮物、焼物、天ぷら、フライ、するめ、サキイカ等、幅広く利用される。旬の夏に獲れるものは夏いかとも呼ばれる。

かき
かき

漁 期:4月から6月
平成6年から養殖がスタートしたが、寿都のかきは冬には十分な身が入らず、春の雪解けに河川から運ばれる栄養が寿都湾にいきわたる4月から6月に旬を迎える。寿都ブランドの『寿かき』として高い評価を得ている。

ぶり
ぶり

漁 期:5月から11月
大きさや重さにより「ふくらぎ」、「いなだ」、「ぶり」と呼び名が変わる出世魚。刺身、塩焼、大根と一緒に煮付けるぶり大根は格別。

ひらめ
ひらめ

漁 期:3月から6月、9月から11月
地方名:てっくい
鋭い歯を持つため、噛みつかれると無傷ではいられず「手を食う」魚と呼ばれ、「てっくい」とも呼ばれている。白身でくせがなく美味。刺身、洗い、昆布じめなど生で食すことが多いが、酒蒸し、フライ、ムニエル等の洋食にも向く。

さけ
さけ

漁 期:8月から10月
地方名:アキサケ、アキアジ
切身は塩焼、ムニエル、あらは三平汁で食べる。味噌仕立てで食べる石狩鍋は定番料理。バターと味噌で蒸し焼きにする「ちゃんちゃん焼き」も有名。卵巣は筋子、いくらになる。

にしん
にしん

漁 期:1月から3月
地方名:カド、カドイワシ
旬は春。塩焼、煮物、三平汁、昆布巻き、かば焼き等幅広く食される。

またら
またら

漁 期:1月から2月
地方名:ぽんたら、たら
鍋料理「たらちり」の素材となる。身はクセがなく美味。白子はタチ、タツと呼ばれ人気がある。

そい
そい

漁 期:3月から6月、10月から12月
地方名:くろそい⇒ナガラ、キツネメバル⇒マゾイ、エゾメバル⇒がや
島牧・寿都では稀に40kgクラスのヌシサイズが獲れる。刺身、塩焼、煮付け、鍋物、汁物で食す。

かれい
かれい

漁 期:ほぼ周年
寿都でも13種類以上のかれいが水揚げされている。塩焼、煮付け、唐揚げ等で食される庶民的な魚。

ホッコクアカエビ
ホッコクアカエビ

漁 期:3月から12月
地方名:ナンバンエビ、アマエビ、アカエビ
甘えびの通称で知られ甘みがあり美味。刺身の他、天ぷら、鍋物、吸い物、みそ汁、ラーメンのだしにも利用される。

きたむらさきうに
きたむらさきうに

漁 期:6月から8月
地方名:のな
寿司ネタ等で使われる高級食材。生、蒸し、焼きで食すが、いちご汁のように吸い物にしても絶品。

あわび
あわび

漁 期:5月から8月、10月から12月
足のヘリはやや硬いが、クロアワビに匹敵するほど肉質が良く美味。刺身やバター焼きで食す。

つぶ
つぶ

漁 期:6月から8月
刺身、塩ゆで、煮付けて食す。通称「あぶら」と呼ばれる唾液腺には弱い毒成分が含まれているため、きれいに除去する必要がある。